プロフィール

globaltax

Author:globaltax
中小企業海外進出研究会
 ↓↓↓
税理士、中小企業診断士のグループです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
66606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
1448位
アクセスランキングを見る>>
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の税率

平成23年度の税制改正大綱では一つの目玉として法人税率の引き下げが予定されています。
日本では法人の所得に対して、国税である法人税のほかに地方税として法人住民税と法人事業税が課税されるため、合計すると最高で40%以上の税負担が生じているのが現状です。
そこで大綱では法人税の最高税率を30%から25.5%に引き下げることで地方税を含めた実効税率を約5%引き下げることとしています。
こうした引き下げにより日本企業の国際競争力の向上や日本における企業立地環境の改善が期待されてます。
KPMGインターナショナルが公表している世界114か国を対象にした各国税率の報告書によりますと、世界の法人税率の平均は2010年で24.99%であるとのことですので、その意味では確かに日本の法人税負担は極めて高いものであると言えると思います。
たとえば中国は2008年から税率を33%から25%に、韓国は2005年に25%に下げた最高税率をさらに2009年に22%に下げました。一人当たりGNPでトップのルクセンブルグは28.59%、2位のノルウェーは28%、そして3位のスイスも21.17%です。実際報告書の中で40%以上になる国を探してみたのですが、日本、アメリカ、リビア、アラブ首長国連邦しかありません。
ただ、一方で消費税といった間接税ですが、こちらの世界平均は2010年で15.61%とのこと。間接税については、日本はまだまだ低いと言えそうです。

さて平成23年度の税制改正。ねじれ国会の今年は紆余曲折が予想されますが、結果は果たしてどうなるのでしょうか。

向後 武史
スポンサーサイト

平成23年度税制改正案~イスラム債配当非課税へ

平成22年12月16日、平成23年度税制改正大綱が発表されました。
今日はその中で、金融庁から要望が出されていた”外国人投資促進税制”のひとつをお話したいと思います。

皆様は、イスラムマネーって聞いたことありますか?

中東イスラム圏では、原油高で潤うオイルマネーがジャブジャブ。多くの先進国はそのようなイスラムマネーをよびこむために、イスラム債(スクーク)の発行をしているのです。

多大な資金力を有するイスラム投資家は宗教上の理由から金利を受領することができないのです。だからスクークといって、出資の形態をとっています。

今までは日本では、受け取った利息部分(正確にいうと、”特定目的信託の社債的受益権”)は課税されてしまっていたのです。そこで、今回の税制改正では他の主要国と同じように非課税扱いをすることで、イスラムマネーをよびこもうというねらい。

私の単純な疑問は、イスラム教の聖典であるコーランに書かれている”利子の受取はだめ”っていうのが、なんでかな???ということ。誰か知ってる方がいたら教えてください!

H23税制改正のお話はまたしたいと思います。


渕 香織



セミナーの案内
2011年1月25日に 中小企業の海外支援のセミナーを 都内某所で開催予定です。 詳細は後日アップします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。